食事の悩み

30代になってからすぐ太る

 

最近30代に突入して、非常に困っていることがあります。本当に本当に今までと次元の違うスピードで太り始めたことです。

 若い時には正直何食べても太りませんでした。学生の頃は部活でしっかりと運動していて食トレもしなければいけなくて、毎日毎日苦しいくらいたくさん食べていました。

合宿なんかの時はみんなで白米をどれだけ食べられるか競っていたのが懐かしいです。毎日とんでもない量のカロリーを摂取していたと思いますが、運動も筋トレもしていたので、体重は増えるものの筋肉が増えていたので、「太る」ということはありませんでした。
 社会人になって部活がなくなった後、無理してまで食べることはしなくなりましたが、それでもそれまでの食事量が多かったので、かなりの量を食べていたと思います。

 

朝昼晩用に毎日5合の米を炊いてましたからね。上司や友達に飲み会に誘われれば、迷わず行って唐揚げ・ポテト・串揚げといった揚げ物のオンパレードに、刺身・串焼きなど美味しいものはなんでもバクバク食べてそれに合わせて飲んでを繰り返していました。それでも全然太らずに、上司からは本当に不思議がられたのを覚えています。

 

上司には「太らないのは今だけだから気をつけなよ」なんて言われていましたが、当時の自分は、「あれだけやってた部活を辞めて、これだけ食べても太らないんだからまだまだ大丈夫でしょ」なんて気持ちでいました。もしかしたら自分は食べても太らない選ばれし男かもしれないなんて考えてたこともあります(笑)

 そんな勘違いも20代までで終わりを迎えました。30歳になって1、2カ月後、仕事中に荷物を持ち上げようとしてしゃがんだところ、スーツのふくらはぎの部分がピキッと音を立てたんです。えっ、と思いスラックスをみてみると縫い目の部分が綺麗に裂けていました。

そこでようやく自分が太ったことを自覚しました。その場にいた同僚からは、「最近ちょっと太ったなと思ってたけどズボンが破けるとは(笑)」なんて笑われてしまいました。あの言葉は衝撃でしたね。えっ、俺太ってきてたの?って感じです。

 

その日は、ロッカーに置いていた予備のスーツに着替えて帰りました。帰り道にヤマダ電機に行ってタニタの体重計を速攻購入し、帰宅後にパンツ1丁になって、恐る恐る体重計に乗ると…なんと10キロも増えていました。最後に体重計に乗ったのが4月の健康診断だったので、約半年ほどで10キロも太っていたんです。

信じられずに2、3回乗り直しましたね。体脂肪率も測ってみるとなんと30% 嘘だろ?!って感じです。体脂肪なんて大学生の時以来測っていなかったので、もしかすると20代の時、太らなかったのは、段々と筋肉が落ちて、脂肪に変わっていっていたから体重が増えていなかったのかもしれません。そして、30代に入って代謝がガクンと落ちて悲惨な結果に…

 辛い現実を前に人生初のダイエットを決心しました。最初に取り組んだのはジョギングです。結論から言うとこれは失敗に終わりました。最初の5日くらい続けて、運動も久々にやるといいなって思ったんですが、ある日雨が降って今日は無理かと1日休んだらその後は面倒臭くなって復帰できませんでした。

 

 次にやったのは単純に食事制限ですね。朝昼晩の食事を全て半分ずつくらいの量にして過ごしました。かなり努力していたんですがなぜかなかなか痩せない…昔と違って筋肉量が少なく代謝が低かったせいだと思います。結果が出なかったので、長続きしませんでしたね。

 結局、中田敦彦さんがYouTubeで紹介していた1日1食ダイエットに行きついて、半年以上かけて体重を元に戻しました。本当に大変だった…
 今20代で油断している皆さんに伝えたい、ある時を境にブーストしたように太る時が来ます。太ってから戻すのは本当にしんどいです。だから、痩せる努力が必要になる前に太らない努力をしてくださいね。
 

-食事の悩み
-,

© 2022 食材宅配ガイト Powered by AFFINGER5