食の豆知識

離乳食の食材の注意点

 

赤ちゃんが生後5ヶ月になると、首がすわって寝返りが出来るようになるので離乳食を始めようとするママは多いです。

離乳食の食品は何からあげたら良いのか迷う人は多いです。

離乳食には、生まれてから過ぎた、月の数に与えて良い食材と与えてはいけない食材があります。

赤ちゃんの命を守るためにママが正しい情報を知っておくことが必要です。

食品と注意する食品、理由などについてインターネットで調べましたので紹介します。

 

絶対に与えてはいけない食品

はちみつと生の魚などの十分煮えていない食材は絶対に与えてはいけない食品です。

はちみつは体に良い食品ですが、赤ちゃんには満1歳を過ぎるまで与えてはダメな食品です。

 

はちみつの注意点

はちみつにはボツリヌス菌が含まれているので、乳児ボツリヌス症の原因となります。

2017年には国の内でボツリヌス症による生まれてから一年ぐらいまでの子の死亡事故が起こりました。

ボツリヌス菌は品物が高い温度にしておいた時に、品物のもつ熱を同じままの状態で持ち続けさせる性質が高く、消毒したい物を沸騰しているお湯につけるのですが料理をしても与えないで下さい。

はちみつが入っているお菓子・飲み物などの食品も与えない事です。

1歳を過ぎると赤ちゃんの腸内環境がまとまって、腸内細菌が育ってボツリヌス菌に向き合う事が出来るようになるため、はちみつが食べられるようになります。

 

生の魚や十分煮えていない食材の注意点

刺身などの生の魚も与えるのはダメです。

生の魚や十分煮えていない食材にはいろいろな菌や体の内に一つの生の食品が、他の食品についたり中の部分に入り込んだりして、そこから栄養を取るなどして生活する虫が潜んでいて、食中毒を引き起こす危険があります。

食中毒が起こった場合、体が成長途中の赤ちゃんは大人よりも病気に耐える体の強さが弱いため、病気がおもくなりやすいです。

基本的に魚や肉は、しっかりと熱を与えるのが基本的なきまりです。

 

喉にひっかかりやすい主な食品の対策方法

食べ物を喉にひっかかったとき、大人の場合は咳をする事が出来るので食べ物を体の外へ出すことが出来ますが、赤ちゃんは咳をする力が弱く、間違って食品を飲み込んでしまい息が出来なくなる事故を引き起こすことがあります。

赤ちゃんの命にも関わることなので、喉に引っかかりやすい食品を知っておくと対応できるのです。

喉に引っかかりやすい主な食品4つと対応方法をインターネットで調べましたので紹介します。

 

 

ピーナッツなどのナッツ類は3歳まであげない!

固いピーナッツなどの木の実は、かまずにそのまま飲み込むため息がつまりやすいです。

小さいと思う人は多いと思うかもしれませんが、赤ちゃんの気管は細く詰まる危険はとても高いです。

粒だけではなく、小さく細かくした豆やピーナッツもカラが気管に入りこみ、肺炎や気管と気管から枝が分かれする気道にウイルスや目で見ることはできない小さな生物が入り込み痛みを起こす場合があります。

豆やピーナッツなどのナッツ類は、噛む力が整う3歳までは与えないで下さい。

 

 

葉の部分の野菜は柔らかい葉の部分から料理

ホウレン草や白菜などの葉の部分の野菜は初めの時期から使える食材ですが、柔らかい葉の部分から料理して与えて下さい。

葉の部分の野菜の茎の部分は食べ物を分かれる事ができない成分を多く含み、食物をすりつぶしながら混ぜるための鉢でつぶしても切れないので、赤ちゃんの力で噛む事は難しいです。

葉の部分を食用とする野菜の茎の部分は、喉に引っかかるので後の時期から少しずつ与えて下さい。

 

 

キノコ類は離乳食後の時期から与える

エノキなどのキノコ類は、体が体の内で食物を吸い取りしやすい形に変わる事が出来ないので、気管に入りやすい食品です。

特にヒラタケ科のキノコやマッシュルームは外から働く力が加わって変わった物体が、もとの形に戻ろうとする力があるので気を付けて下さい。

キノコ類は後の時期から終わる時期の間に挑戦して、もし赤ちゃんが食べる事が難しくしているのでしたら細かく刻んだり、とろみをつけたり工夫をするといいです。

 

 

糖分を与えない方が良い理由

砂糖の摂りすぎは赤ちゃんの味の感覚と成長に大きく変わってくるのです。

赤ちゃんは甘い物は大好きな味です。

甘い味を覚えてしまうと、いつも甘い味を求めてしまい、薄い味で十分であると感じる事が出来ないので、離乳食を食べなくなる赤ちゃんは多いです。

砂糖を摂りすぎると、初めから赤ちゃんの体の成長のために使われるビタミンが、砂糖を使ってなくすために使われるため、ビタミン類が足りなくなり、赤ちゃんの体が疲れやすくなるのです。甘い食べ物は少しの量にする事です。

 

 

まとめ

大事なのは、ママが正しい知識を持ち、成長する段階に応じて赤ちゃんに与えてはいけない食品と注意する食品に気を付けて離乳食を与えることです。

初めて離乳食をあげる時はスプーン1杯から試していき、赤ちゃんの様子を観察しながら少しずつ食材の変わりを広げ味や食べる感じの体験をさせていって下さい。

病院の栄養相談を使ったり、市区町村の保健センターで保健師さんに相談する事をおすすめします。

 

食材宅配サービス一覧・比較ページへ

 

 

-食の豆知識
-, ,

© 2022 食材宅配ガイト Powered by AFFINGER5