食の豆知識

ラフテーとはどんな食べ物?カロリー・栄養素と食べ方

 

 

皆さんは、「ラフテー」という単語を聞いたことがありますか?

料理が好きな方はご存知だと思いますが、聞いたことがない人も多いかもしれません。実は、ラフテーは沖縄で親しまれている料理の名前です。ラフテーとは、沖縄の方言が使われた料理名で、簡単にいいますと豚の角煮の事です。

インターネットで調べましたら、ラフテーの材料は豚のもも肉です。

今ラフテーといえば、だいたいはバラ肉を煮込んだものです。

 

主に皮付きの三枚肉(豚バラ肉)や皮付きの豚のもも肉を使って作られていることが多いです。

特徴は、沖縄の焼酎、泡盛を使用して作られるところにあります。

アルコール度数が高いので、お肉が柔らかくなるのです。

 

味付けは醤油がメインに使われており、濃厚な味わいとなっています。

沖縄そばに使われる三枚肉と似たような味付けになっていますが、ラフテーは更に煮込み、箸で肉が切れるほど柔らかくするのが特徴です。

 

また、三枚肉は薄くスライスされていますが、ラフテーはある程度の大きさの塊で料理される事が多いです。

聞いた話ですが、一カ月ほど保存がきくため、琉球王国時代から保存食として扱われていたそうです。とても歴史のある料理と思いました。

 

そんなラフテーですが、皮付きの豚肉を使用しているためカロリーが気になります。

やはりお肉を使っているためラフテーのカロリーは150gにつきおよそ490キロカロリーほどあります。

 

少し高めではありますが、ラフテーには嬉しい栄養素が含まれています。ビタミンB1です。

糖質の代謝を助ける働きがあり、糖質を代謝することでエネルギーを作り出しています。

 

夏バテしやすい今からの時期などにはピッタリの料理といえます。

その他に神経や筋肉、皮膚や粘膜などを健康に保つ働きも持っているのです。

 

人間にとって大切な部分になりますので、ラフテーに入っているビタミンB1をしっかり取って健康を維持したいです。

その他にもラフテーには無くてはならない色々な栄養が豊富に含まれています。

ただし、カロリーが高めですので食べ過ぎには注意が必要です。

 

量を考えながら食べるようにすれば、美味しく健康維持をすることができます。

 

 

栄養素が含まれていると分かったところで、ラフテーの美味しい食べ方について!

 

ラフテーは沖縄の郷土料理である「ラフテー」こっくりとした味わいが特徴です。沖縄では麺の上にのっけて、「沖縄そば」として楽しむこともあります。

といっても、両方手に入れるのは難しかったりもしますが大丈夫です!

 

もちろん普通のお酒と砂糖でも代用可能ですので、ぜひ気軽にラフテー作りにトライしてみラフテーを作る際に欠かせないのが泡盛と黒砂糖です。

沖縄そばの具材として用いられるラフテーは、なんといっても泡盛と黒糖を使って煮込むのが普通の「豚の煮物」と違うところです。

 

こっくりとしたコクのある味わいが何とも言えません。沖縄版・豚の角煮のことで、豚の三枚肉(バラ肉)を箸でちぎれるほど柔らかく煮たもので、口にいれるとふわり、泡盛の香が広がります。

 

昔は保存食として作られ、何度お温め直してひと月は食べたというラフテーだそうです。多めに作って細かく切って、どんぶりにチャーハンに、と裁量するのがもう一つの楽しみ方です。

油抜きした豚肉は、以外にさっぱりした口当たりです。

 

甘辛の福網野ある味わいで、お酒もすすみます。敬遠されがちな肉の脂肪ですが、この調理法を活用すれば安心です。

 

ラフテーの作り方

 

  • 豚肉をゆでる…豚肉は水で洗い、鍋にたっぷりの水といっしょに入れて中央にかけます。

 沸騰したら弱火にして約1時間ゆで、竹串を刺してすっと通るくらいになったら取り出す。

 ゆで汁はさまし、固まった油を取り除いてとっておくと、だし汁として重宝する(ゆで豚は冷蔵庫で約4~5日、ゆで汁は冷凍すると約1か月保存できます)

 

  • ゆで豚を切る…ゆで豚はくずれないようにそっと包丁を入れ、8つに切り分けます。
    豚肉はゆでると脂が抜けて縮むため、500gのかたまり肉が約400gのゆで豚になる。

 

  • 落し蓋をして煮る…鍋に豚肉を入れ、泡盛(または米焼酎)と、砂糖1/2カップ、しょうゆ大さじ2    
    +1/2~3+1/2を加えて中火にかけ、煮立ったら弱火にします。
     落としぶた(オーブン用シートかアルミホイルを穴を数か所あける)をして、1時間ほど煮ます。
  • 削り節を加えて煮る…落し蓋をとり、しょうゆ大さじ2+1/2~3+1/2をたして、削り節を加えます。
    時々ときどき鍋をゆすりながら、さらに30分ほど煮て、煮汁が少し残るくらいで火を止めます。器に盛り、好みで練りがらしを加えます。

 

  • 蓋をとって弱めの中火にし、15分ほど火にかけ煮汁がほとんど無くなるまで煮詰めたら完成です。その他にもラフテーの作り方は色々とあります。 
    じっくりゆでる時間がないときは、同じレシピで、豚バラ薄切り肉をさっとゆでてから使っても大丈夫です。

 

食材宅配サービス一覧・比較ページへ

 

 

まとめ

ラフテーは沖縄で親しまれている豚の角煮のことです。

一口サイズに切り、ジューシーの具材としてご飯に混ぜても美味しいです。

味が濃いので、ご飯にピッタリの食材にもなります。砂糖や醤油で味付けされているため甘辛い味がクセになります。

お酒にもあいます。ですがカロリーが高いので、食べるときには注意して下さい。

是非、沖縄に行ったときには居酒屋や沖縄料理店で頼んでみて下さい。でもインターネットでも簡単に買えます。

-食の豆知識
-, ,

© 2022 食材宅配ガイト Powered by AFFINGER5