食の豆知識

幼児の食事で大切な食べ物

 

 

離乳の時期に与える食べ物を終わった1歳半ごろから6歳未満ごろまでの食事を食べさせる時期になります。

離乳食が終わって、少しずつ大人と同じ食べ物が自分で食べられるようになる期間になる注意する点について 、幼児食で大切な食べ方の状態と非常に違っているメリットについてインターネットで調べましたので紹介します。

 

子供の成長に合わせた幼児の食事で噛む力や味

少しかたい食べ物を、食べる事が出来たら、離乳食を終わってもいい基準です。

大人に比べるとかむ力はとても弱く、消化器官もほとんど発達していないです。

 

まる飲みするなど悪い習慣がつくこともあります。よくかんで食べられる事が出来るように、食材の切り方や料理の工夫をして、5才くらいまでは歯や体の体に合わせた幼児の食事を与えて下さい。このころまでは味を感じる感覚の基本をつくる大事な時期です。

 

大人と同じ味つけにすると、濃い味に慣れて味を感じる感覚が正しく育たない、塩分が多く消化器官に責任がかかるなどの心配があります。

子供の成長に合わせた食事で、食べる楽しみの興味を育て、いろいろな味や食べる感じを体験させてあげるといいです。

個人差はありますが、1才時期は上と下の前の歯8本が生えそろう時期です。

初めは前歯でかじり取り、歯ぐきで押しつぶせるくらいの食べ物にする事です。

 

自然に置いても分かれされにくく、食べ物を分かれにくい成分が多い肉や野菜などはかみ切れずのどに詰まることがあるので、こまかく切ったり煮込んだりして、食べやすいように料理する事です。

 

食材の切り方・料理の工夫

ご飯・・・少しやわらかい状態に炊きます。

魚類・・・魚の切り身は骨や皮を取り除く。片栗粉や小麦粉をまぶして、フライパンで料理すると身がふっくら、やわらかく焼けます。

肉類・・・かたくならないよう、ひき肉料理は卵やパン粉などのつなぎを多めに使います。薄切り肉は1cm幅くらいの細く切りや角切りにする事です。

野菜類・・・葉の部分を食べ物として使う野菜は1~2cm幅ほどに切り、土の中で成長する根や茎を食べる野菜は5cmくらいの棒のような形に切ります。

海に生える植物・キノコ類・・・わかめなどの海藻は薄くて、きのこ類は 外力が加わって形が変わった物質が、もとの形に戻ろうとする力があるため、少し大きめのみじん切りにするなど食べやすくするように工夫をして下さい。

 

「自分でやりたい!」という自分が生まれ始める時期でもあります。

親子がお互いにストレスがないように過ごせるよう食べしやすいメニューを選び、子どもの自分でやりたい気持ちを大切して下さい。

かむ力は個人差があるので、食べ物をちゃんと噛まないで、そのまま呑みこんでいないか、一口の量が多すぎないか確かめて下さい。

 

2才代の幼児の食べ物の時期

第2乳臼歯が生え始め、2才の時期に生えている歯がほぼ生えそろう時期(※個人差はあります)。

かむ力が強くなると、食べられるものの種類が多くなる時期ですが、まだ口が小さく、体の内に入った食べ物の消化・吸い取る事を行う器官も完全ではないので、大人と同じ切り方や熱を加える状態では食べづらいです。

生の主に葉の部分を食べ物として使う野菜や肉類、かたいものはまだ早いので料理の工夫が必要ですので、いろいろな食物を口の中に入れた時の感じの食材を体験させることで、かむ力が成長します。

 

食材の切り方・料理の工夫

ご飯・・・少しやわらかかい状態に炊きます。

魚類・・・魚の切り身は骨や皮を取り除く。2~3cm厚さ材料に包丁を寝かせるように斜めに入れて、そぐように切ってあげると、フォークで刺して食べやすくなります。

肉類・・・薄く切り肉は細い糸のような物質を断ち切るように、1~2cmの細く切ります。

野菜類・・・葉の部分を食べ物として使う野菜は、葉の部分は3cmぐらい、茎の部分は2cmぐらいの細く切ります。根菜は、やわらかく熱で加えれば、芋や土の中で成長する根や茎を食べる野菜を、包丁を入れる角度を変えながら、一定の大きさに切ることなども大丈夫です。

海藻・きのこ類・・・わかめなどの海藻は薄くて、きのこ類は 外力が加わって形が変わった物質が、もとの形に戻ろうとする力があるため、少し大きめのみじん切りにするなど食べやすくするように工夫をして下さい。

 

この頃の子供の様子

手づかみ食べと並んで行き、スプーンやフォークを使って食べる事が出来るのです。

1人では上手に食べる事が出来ない食べ物も多いので、大人が子供に感じさせないように手伝ってあげて下さい。

子供が成長するのとおなじように、食事中に立ち歩いたり、食べ物をおもちゃのように遊ぶ事が増える時期でもあります。

 

 

まとめ

よくかんで食べることで自分のものにするメリットはたくさんあります。精神に関する面では、自分でかんで食べることができた満足する感じも大きいです。

一緒に食事をする人とおいしい気持ちを持つことで、心と体に満足感を得られますのでお子さんが食べやすい大きさやかたさの食べ物に切って与えて下さい。

テーブルに食べ物を並べてから、一緒に食事をして子供との食事を楽しんで下さい。

 

食材宅配サービス一覧・比較ページへ

 

 

-食の豆知識
-, ,

© 2022 食材宅配ガイト Powered by AFFINGER5