食の豆知識

食べ物アレルギーの注意点や栄養面の対策

 

 

食べ物アレルギーの症状でとても多くみられるのは、皮膚の症状(かゆみ、じんましん、赤くなるなど)で、9割近い人が多いです。

人によりいろいろな症状が現れます。 分からない人が多いですが、アナフィラキシーという重い症状が現れ、すぐに治療しないと命を落とす事がある事をインターネットで調べました。

アレルギーの原因などをインターネットで調べました。

 

アレルギーとタンパク質を取り入れて自分のものにする

食品アレルギーは小さい子供に集中し、卵、牛乳、肉、大豆を製造した品物とタンパク質が主な成分の食品で起こりやすい事が分かりました。

生れてから1年ころまでの時期は小腸・大腸が完全に発達していないので、食品のタンパク質が分かれずに体の内に入いりこんで、アレルギー反応が起こると考えられる事がインターネットで調べ分かりました。

食品に入っているタンパク質は、大切な栄養素ですが体には別の物です。

 

アレルギーを起こしやすい人は、免疫が多すぎて余って反応しやすい状態なので、バランスが取れない栄養の摂り過ぎはよくありません。

アレルギーはストレスとも関係して、病気やアレルギーを起こします。

体の性質にあったバランスの良い食事と、疲れがたまらないように自分なりのストレスを消す方法を見つける事が大切です。

 

食べ物アレルギーの表を主治医の先生にかいてもらって、「学校のアレルギー病気に対する取り組み説明」により、アレルギー病気を持つ子どもが安全・安心に学校生活を送れるように、医師の診察に基づいて、特に小学生のアレルギー病気の情報を記入 するための様式を使った取り組みが始まりました。

アレルギーがある人・アレルギーの表が必要な人かかりつけの医者に相談してください。

 

食べ物アレルギーの原因

食べ物アレルギーの原因となる食べ物には、卵、牛乳、小麦が多く、そのほかには魚・卵を含む魚介類、ピーナッツや果物類、そば、えび・かになどをよく聞きます。

原因となる食べ物は年齢により変わる事があります。

食べ物に入っているサプリメントなどの化学物質でアレルギーに似ている症状が出て来る場合もあり、専門の医者による正確な診察が必要です。

食べ物のアレルギーは、子供の小麦や卵などのアレルギーを考える人・思う人が多いですが、大人の食べ物アレルギーも珍しくないのです。

 

食べ物アレルギーの原因となる食べ物は年代によって変わり、大人では小麦、魚類、エビ・カニ類、果物類、の順となっていて、食べ物を食べて数分~2時間程度で口の中のしっくりしない感じやじんましんなどの症状が現れます。

ひどいアレルギーを持つ人は下痢、嘔吐や喘鳴、息が苦しくなる症状などが起きることもあるので、注意が必要です。

疲れているなど体調が悪い時にアレルギーの症状が現れやすい事もあります。

似たような症状があっても、食べ物アレルギーとは別の病気かもしれないので、一度調べてみるといいです。

血液検査でまとめて2つ以上である原因について調べる事が出来ます。

 

お家の中で気をつけること・間違って食べた時

・上等な肉・生きのよい魚などの新鮮のよい食品、野菜などを原料を加工される食品の表示の確認 原因食物が含まれるお菓子などの加工食品を誤って食べないように、必ず食べる前に食品の原材料表示を確認する決まりをつけるといいです。

・料理や食品の管理

・料理や盛りつけ、食器の注意

・台所や部屋の中の掃除

毎日の生活の中ではきょうだいや、友だちの食べているものを食べてしまうなどの誤って食べてしまう事があります。その場合の対処についてインターネットで調べました。

1)アレルゲンが入っている食品を口に入れたとき
   →口から出し、うがいをさせます。

2)皮膚につけたとき
   →触った手で目をこすらせないようにさせ、洗い流す事です。

3)目に入ったとき
   →水や薬液で目を洗った後ステロイド薬の目薬を目にいれます。

4)皮膚の一部に発赤、じんましんが出てきたとき
   →30分以内に症状の良い方向であるのでしたら、そのまま様子を見ることが出来ます。

5)症状が悪くなるとき

6)皮膚が赤くなる時、じんましんが全身に大きく傾いたとき
   →急いで病院で診察です。

7)咳、声が出にくくなる、ゼーゼーいう、呼吸が苦しい、ぐったりする
  意識レベルが低くなる、吐く、お腹が痛いなど→一刻を争う状態です。病院で診察を。

 

まとめ

1.アレルギーを起こす食品は何かをきっちり調べて判断して、ちゃんと取り除く事。
2.誤まって食事を食べないように、自分でアレルギーの食品を覚える事が大切であります。
3.家族が食べ物アレルギーについての知識を持っていると事故を防ぎとめ、万一アレルギー 
 反応が起こった場合にも、正しい対処ができるようにしておくことが大切です。
4.食べ物のアレルギーの必要として、食べられる食品はあげて、バランスのある栄養を落とさないようにする事です。
5.外で友達と食事をする時は友達にも理解してもらうように話し合い症状が出た時の対策を教えておくといいです。

-食の豆知識
-, ,

© 2022 食材宅配ガイト Powered by AFFINGER5