食の豆知識

子育ての食事の内容・子供にお菓子を与える親が知らない事とは?

 

 

毎日仕事に、家事に、子供の世話に忙しくて食事の用意に十分な時間をかけられないお母さんは多いです。

栄養もあってバランスの取れた美味しい食事を食べさせたいと思う人は多いです。

初めから栄養バランスを整えよう!とはりきる人はいますが、その必要はありません。

テーブルに料理を出し、食べられるものから食べて無理しないで食べるようにするといいです。

 

勉強や習い事の前に食事の内容を知る事

脳も体も大きくなる成長期に、食事の力はとても大事な食べ物です。

勉強、習い事に対して、子供は食事から力をもらってはじめて、集中力、やる気が長く続きます。

能力と食事の内容は 数が二つ以上であり、栄養を与えていないのに、結果を出すというのは、子供にとってきびしい事です。

食事=栄養は、とても優れている子供に育てるための「とても大きい目標」です。

疲れた/だるい/眠いの「やる気」「そうしたいと思う気持ち」「動かす力」低くなる事を起こらないためにも、栄養について知らないのは、子供が成長して大きくなるのは親の願いです。

「栄養のとれたバランスよく食べている人の死亡率がとても低い」ことは、国の調査でもはっきりしています。

 

お菓子に「成長に必要な栄養素」は?

子供の多くは好き嫌いがあり、野菜は食べないで好きな物だけ普段よく見かける「お菓子を食べたい」という栄養の無い存在です。

子供のいる親にアンケートをとると、「甘いものを多く食べたがって困る」という声が多かった事がインターネットで調べて分かりました。

小さい子供の場合、保育園や幼稚園でおやつを食べても、夜ご飯前に少しおやつを食事の前に与えてしまう親も多いです。

お菓子はカロリーは高いのにもかかわらず、栄養はないです。

 

カロリーは高くても、成長に必要な栄養はないのですし、甘味、塩分、など「体に悪いもの」を多く含んでいます。

逆に、焼き芋や水中の藻類、果物のように栄養のある必要な栄養やエネルギーは毎日の食事に加えて必要なものなのです。

毎日与えるお菓子が子供の健康を悪い状態にする可能性がある、ということは、あまり理解されていないようです。

 

元気に走り回っているから大丈夫、と思うのは大きな間違いで、血液検査をしてみれば、血糖値やコレステロール値、尿酸値などで引っかかる小学生は多く、日本のあちこちで、問題ははっきりと現れているのです。

体型は太っていないのに体の中がメタボリックシンドロームしている体が普通以上にふとっている事に、親は気付く事が出来ないです。

 

子供に栄養を取るように任せていたら、バランスの食事にはなりません。

乳児幼児ですら、塩分を取り入れて自分のものにするのは多すぎて余り、必要な栄養素は足りていません。

親は子供の将来をしっかり見て「ちょうど良い量」を調節してあげて下さい。

 

今日からできる将来に後悔しない食べ方

1日に魚、肉、大豆、卵、牛乳を加えた食品の5大タンパク質をとるのはもちろん、みどりがかった黄色の野菜は5種類以上、あっさりとした淡い色の野菜は8種類以上食べるのがそうあってほしいと思うのです。

今が忙しくて大変だと、食べ物が子供の将来に与える結果まで想像できない、料理に時間をかけられないのかもしれませんが、子供の成長期に向き合っているのは、10年、15年なのです。

 

バランスがあり栄養のある食事を食べても身長を伸ばす役目を割り当てる部位もあるのですが、思春期を過ぎると「あのとき、栄養が足りなかったせい」と後悔しても、取り戻せません。

「メニューが同じ事の繰り返し」「食事作りが思い通りでない」時でも、カットわかめや豆腐を小さく切り、凍らせた後かわかしたものをみそ汁に入れて、栄養をあげた方法があります。

DHAを強くする料理の作り方もあります。いろいろな方法で、成長する時期に必要な栄養をとることは出来ます。

 

給食は栄養面の強い味方!

お家での食事作りを物を肩に支え持って運ぶ親が絶対的な信頼なのが、学校給食です。

給食があるから子供の栄養バランスは安心と思っていてもいいのでしょうか?

1日に必要な食事量や栄養の3分の1が取れると考えてよい事です。

給食には栄養バランスだけでなく、もう一つ、よい点があるのです。

給食は、お家では出ない料理を食べたり、栄養のある食事の味付けをするのです。

 

いろいろな食材や味に出合うきっかけを与えるのです。

お家の食事にはいろいろな性格があり、よく出る料理、出ない料理があったり、味付けも似たものになりやすいです。

 

まとめ

スーパーで売っているご飯と一緒に食べる料理に、野菜を加えるなど少しだけ並べるのがおすすめです。

野菜を食べるように言われると、トマトサラダなどを作らないといけないと思われる人が多いのですが、トマトを切ったもの、レタスをちぎっただけで十分です。

味付けしたものを増やすと、献立全体の塩分が高くなりますし、作る時間も増えます。『手抜きは悪じゃない、栄養バランスのため!』と考えて下さい。

 

-食の豆知識
-, ,

© 2022 食材宅配ガイト Powered by AFFINGER5