食の豆知識

国産の食材を使うことがおすすめな理由

 

 

スーパーで買い物するとき、国産の食べ物を選ぶママは多いですね。

食べ物が体を作るので、やっぱり子どもには安心できる食べ物を食べさせたいと思います。

国産の食べ物を買った人がいい理由は、他にもあるのです! 意外と知られていないその理由について、インターネットで調べたので紹介します。

 

栄養価であるエネルギー獲得にもつながる

みなさんが国産を選ぶのは、農業で消毒・防虫などに使う薬品などの健康面が気になるからです。

社会に関係する素晴らしい値段があります。

品物・栄養価であるエネルギーが上がるにつながるのです!

品物・栄養価であるエネルギーが上がるとは、国内で使ってなくされる食料がどれくらい国産なのかを計算化したものです。

高ければ高いほど、急いでいる時でも国内のみで品物・栄養価であるエネルギーが上がる状況となります。

国産食材がスーパーで買えなくて困る、といった事態を避けられるのです!

 

国産のメリット

・長らくもって優れているのですが、 春・夏・秋・冬の四つの季節があり、寒さと暖かさの差の激しい環境である日本で育った木は、木を横に切った切り口に見られる、一つになる輪の間隔が狭く長持ちするのです。

 

・薬が使われていないことが多いです。

・成長輪がきれいに出ます。

・山の準備が整っていて、台風などの自然に強くなるのです。

・しっかり乾燥させないとひび割れなどが起こります。

・値段が少しだけ高いです。

・空気や水などが、勢いよく流れが少ないのです。

耐久性に優れ、長持ちする

春・夏・秋・冬の四つの季節があり、寒さと暖かさの激しい環境である日本で育った木は、目的の輪の物と物とのあいだの距離が狭く長持ちに優れています。

日本の天気に我慢したということは、日本の建築の物を作るための材料としていい感じということです。

腐らせて物の形をくずすにも強いため、安心して長く住み続けることができます。

 

外国で育った木は物品を運び移す時間がかかるため虫がつきやすく、また腐らせないためにも害虫を避けるために用いられる薬や 生物による物の腐るのを防ぐための薬剤を木材に注ぎ入れてありますが、一方国産材もメーカーによっては注ぎ入れているので確認が必要です。

一般的には薬剤の注ぎ入れてはしていないので、安心して住むことができます。

 

年輪がきれいに出る

日本の春・夏・秋・冬の四つの季節によって長持ちが上がるだけでなく、年輪がくっきりと出るため、見た目がきれいです。

外国の木は土地が平らな土地で厳しすぎる環境で育っていないことが多いため、模様が薄くなります。

 

山が役立つように準備が整って、災害に強くなる

整備されず、ほうっておいた山が数多くあります。

国産材が使われるようになったら、手入れされる山が増え、土砂崩れなどの災害を防ぐことにつながります。

山の食物の中に含まれている栄養となる成分が川から海に運ばれ、海でとれる魚や貝などにも影響を与えることがわかっています。

海外からの物資を運ぶ燃料が必要ないため、二酸化炭素削って減らす事、長く続く事ができる社会にも役立つように出来るのです。

 

国産材のデメリット

しっかり乾燥させないとひび割れや反りが発生!

木材は中まで完全に乾燥させなければ、形を変えやすい素材です。

特に日本は空気がどれだけの水分の量を含んでいるかという割合が高いため、とてもしっかりと乾燥させなければ木が反ってしまったり、ひびが入って割れ目が出てしまったりする原因となります。

高温短時間で乾燥させると強さの程度や木の材料が持っている感じが落ちるため、低い温乾燥材を選択するのが良いです。

低い温度・乾燥は1週間以上乾燥させるので、時間がかかります。

 

値段が少しだけ高い

国産材は新しい製品を作る前は、輸入材とほぼ同じ値段です。

上記の通り新しい製品を作り手間がかかるため、新しい製品を作る前の材料に使う木の値段に比べて必要なお金が計算します。

木の種類によっても値段は変わり、特にスギは外国で育った木とほとんど変わりません。

木材の切り口に、 立ち木にみられるほぼ中心を一つの物を二人以上が同じ目的で持つ二つ以上の円の輪の並べなどによってつくられる模様が細かく形を変えしにくいため、多くの場所で使って役立つようにうまく使うのです。

木の種類をうまく組み合わせれば必要なお金を抑えることも出来ます。

 

流れて動き回る量が少ない

日本の木は狭い土地で育つため、直径が小さめのものや曲がりのあるものが多く、必要な物の長さを満足させる木材が手に入りにくいです。

日本の木材をつくりだす産業が停滞してしまうことも関係しています。

シルバニアホームでは、互いに助け合っている古河林業緑化株式会社をもっている管理する森林と契約しているため、安定して良質木材を必要に応じて物を与える事ができます。

 

 

まとめ

輸入材は長い時間の輸送に耐えるため、防虫剤や防腐剤が塗りつけされており、それによる健康の被害が起こる可能性もあります。

長く安心して住める家を建てるのでしたら、国産材と輸入材それぞれのメリットとデメリットを考えて選ぶようにする事です。

-食の豆知識
-, ,

© 2022 食材宅配ガイト Powered by AFFINGER5