食の豆知識

常温?冷蔵?冷凍?調味料の正しい保存方法

 

 

開いていない袋の後の調味料は冷蔵庫で保存と考えている人も多いですが、調味料によってふさわしい保存場所があるのです。

保存の仕方を間違うと調味料では、美味しい料理は作ることが出来ません。

毎日使う調味料、気付いたらダメになっていた事のない様に、正しい保存方法を覚えて調味料を長持ちさせる事です。

調味料の「冷蔵」「常温」「冷凍」保存の仕方をインターネットで調べました。

 

開けた後の基本調味料は「冷蔵」保存

開けた基本の調味料は冷蔵保存で大事です。

醤油・麺つゆ等は空気に当てると物質が酸素と2種以上の物質が化学反応を起こして合わして新しい物質を起こるのが進み、色、香り、風味が徐々に落ちてしいますが、冷蔵庫に入れと温度がひとつに決まって変わらなく、そのはやさを抑えることが出来ます。

害がるものではありませんが常温保存するとカビが増える事が起こる場合があるので、冷蔵保存が必須です。

ケチャップやマヨネーズも冷蔵保存をしますが、マヨネーズは冷たすぎると油が分けて離すので、冷蔵庫でもひんやりと冷たく感じる空気の当たらないクルマの各ドア車内側に設けられた小物入れにしまうのをオススメします。

 

○○成分があれば「常温」保存

「常温」で保存する調味料をインターネットで調べました。

みりん・酒などのアルコールが入っているものは常温で保存がいいのです。

みりんには約13%のアルコール分と約45%の食品分が含まれているので、常温で保存しても腐ったり物質したりしません。

逆に冷蔵庫にしまうと、品質が悪くなったり、表面が白く固まってしまうことがあるので注意してください。

酢も自分に指定の菌を殺す力の働きがあるので、常温保存ができるのですが、穀物や穀物でんぷんを原料とした酢やポン酢などお酢の成分が100パーセントでないものは冷蔵保存なので注意してください。

 

スパイス類は○○を避けて冷たくて暗所へ!

考えていた状態と非常に違っていて迷いがちなのがスパイス類の保存方法です。

冷たくて暗い所においておいても固まってしまったり、冷蔵庫にいれると容器の内側が水滴となってくっついたりして、その保存方法に悩ませる方も多いです。

基本的に塩や砂糖は、温度や湿度が繰り返し変わると固まることがあるので、すきまのないよう、ぴったり閉じる容器に入れて冷たくて暗い所で保存するのが正解です。

それでも固まってしまった場合には、軽く霧吹きをしたり、容器に食パンを入れて一晩おくなどちょうど良い水分を与える元に戻ります。

辛味などを加える調味料は香りが命なので、絶対に冷蔵庫には入れないで下さい。

 

香りや味が大事な調味料は「冷蔵」保存!

考えていた状態と非常に違っている冷凍保存が出来る調味料をインターネットで調べました。

バターは冷蔵庫に保存するとラップをしていても冷蔵庫内のにおいを吸い取るので常温保存が基本ですが、最近では冷凍保存がオススメとされています。

バターの常温保存はヨーロッパの気候向けのものであり、日本での常温には適当でないとされていますが、冷たいバターでは香りや味が感じられませんので、上品な味が損なわれない冷凍保存を基本とし、使う数時間前に使う分だけを常温に戻しておくのが正解です。

冷蔵保存が基本とされている味噌も一般家庭用の冷凍庫では凍らないので、冷蔵よりも長い期間の品質が持ち続けて見込める冷凍保存がオススメです。

開けた後の味噌にはラップで覆ったりするなどの空気に触れない保存の工夫をするようにして下さい。

 

下味冷凍のメリット6つ

① 時短に繋がるので平日が楽です。
② 作って置くより保存の期間が長くて、夏でも安心です。
③ 使う調理器具が減ります。
④ 献立を立てやすくなります。
⑤ 肉や魚の味が美味しく保存できます。
⑥ 作り置きと違って出来あがったばかりの物を食べることができます。

お肉を安い時に買い溜めして冷凍すると、節約を考えの人ならよくあることだと思います。

下味冷凍をしておくと、お肉やお魚に味が染み込みやすくなってメリットが多いです。

野菜も一緒に水などの中につけておけば、冷凍食品感じる働きで調理できて便利です。

 

忙しい女性におすすめしたい保存ですので、ぜひ試してみて下さい。

 

また、「下味冷凍」に欠かせないのが保存袋ですので、冷凍にも使えるものを選んで下さい。

たくさんの物を作り置きができる、ジップロックの中に入れる事ができる量がおすすめです。

家族の多いお家での、多めの下味冷凍に便利です。

 

休みの日に買い出しと下味冷凍の仕込みをしておけば、平日は温めるだけで食事の中心の出来上がりです。

ふだんから用意しておく野菜をたくさん作ると、使ってなくしたり保存期限の管理が大変になってしまいますが、これなら簡単です。

忙しくてご飯を作る余裕ができないという人は、ぜひ下味冷凍をうまく使ってみてください。

 

 

まとめ

封が開いた調味料のふさわしい保存方法が色々ある事が分かりました。

何気なく冷蔵庫に入れてしまっていた調味料も、実は常温や冷凍庫で保存しないと品質が低下するものも数が多くあります。

冷蔵庫内のスペースを確実に手に入れる事にも繋がるので、是非一度ご家庭の調味料保存を見直してみるといいです。

-食の豆知識
-, ,

© 2022 食材宅配ガイト Powered by AFFINGER5